ドタバタ続きで体力激減…

  • 2017.07.11 Tuesday
  • 14:58

さてさて・・・続きです。

 

ドタバタは茜の死だけじゃとどまらず

茜子の子を育てる所でもいろいろ山盛です。

でも、そんなドタバタの中、また事件が起きたんです…。

 

孫3号の誕生日、6月29日の夜。

廊下の方から大きな子猫の鳴き声が聞こえました。

 

『あ〜!?また誰かが茜っ子のケージの中に飛び込んだ!?』

と思って廊下に出て、育児室を覗いてみたけど

茜っ子はスヤスヤとベットの中でお休み中。

 

『千代子っ子か?またヤン坊がマー坊に飛びついたのかな?』

と思って探すと、仲良く廊下で寝ていました。

 

『あ〜?だれぇ〜???女子に春でも来た〜?』

と思ったら、もう1度大きな子猫の声。

でも、間違いなく生まれたての子猫の声。

 

それも2階から。(@_@;)

 

執事、真っ青になりました。

久し振りに、もう5年以上ぶりに

自宅の階段を息もしないで一気に駆け上り

女子部屋のドアに飛び付きました。

ε===┌(; ̄  ̄)┘

 

『母ちゃぁ〜〜〜ん♪ヽ(´▽`)ノ』

と喜び勇んでドアに駆け寄る女子部屋の住人達の隙間から見たのは…

 

見えたのは…

 

 

 

子猫。

 

 

(p_-)ゴシゴシ・・・Σ(゚Д゚)

 

 

手の平サイズ。

 

 

(゚д゚)ポカーン

 

 

ブルーシルバー。

 

 

(@ @;)

 

 

胎盤付き。

 

 

(゚Д゚ノ)ノ (゚Д゚ノ)ノ (゚Д゚ノ)ノ

 

 

みゃぁおっ!!!!!

 

 

(゚д゚;)(゚д゚;)(゚д゚;)

 

 

ぎゃぁぁぁあぁぁぁぁぁ〜〜〜!?!?!

 

 

アタフタヾ(▽ ̄;ヾ) )))...((( (/; ̄▽)/ アタフタ

 

 

大慌てで部屋の中に飛び込んで

大きな子達に踏まれない様に抱き上げて

とっさに出た言葉が

 

『産んだの誰っ!!』

 

答えるはずもなし。(・д・)イクナイ

 

ホント、冗談じゃないんですって…。

産んだのが誰なのか、ホント分からなかったんですって…。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

いや、忘れてたって言うのがホントかな…( ̄▽ ̄;)

 

実は、4月に小梅さんをお見合いさせていました。

もちろん忘れてはいませんでした。

6月10日くらいまでは…。

 

6月10日は娘1号の誕生日。

その日に『やっぱダメかなぁ…』と思いつつ

小梅さんのお腹を触っていました。

そう、妊娠確認してたんです。

 

でも、小梅は6月4日で5歳の女の子。

今まで何度もお見合いさせて来ましたが、1度も妊娠に至っていませんでした。

毎回毎回『今度こそは!』と思ってお見合いさせてきたのですが

毎度毎度『スカーーーー!。゚(゚´Д`゚)゚。』を繰り返してきました。

 

回数にして10回以上…。

 

だから、妊娠確認をした時に全然お腹の中に動きが感じられず

『またか…』と思っちゃったのが、今回の騒動の原因です。

 

でも、妊娠確認をした時には空っぽだった(と思ってたw)ので

子猫を手にして部屋中を見渡しながら

『小梅じゃないし、イオちゃんじゃないし、江華?!え?誰よ!!』

って言っておりました。

 

で、とにかく子猫を小さなキャリーに入れて保温して

もう1度2階に戻って、現役女子全員のお腹を触りまくり。

パニくって、避妊手術した風ちゃんや椛ちゃんのお腹まで触る始末(笑)

 

で、小梅さんだと分かった訳です。

 

大騒ぎして、小梅さんと子猫を育児室に移動させ

いつも通りの段ボール産室を作り、子猫を入れて、とにかく哺乳して

『さぁ〜〜〜小梅さん、どうぞぉ〜〜〜!!』

って、子猫を差し出しながら言ったら

 

『シャーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!o(`皿´)o』

 

執事、ポ(・_・)カ(・_・)ー(・_・)ン(・_・)!

 

はい。

もうお分かりですね?

執事家恒例(?)の育児放棄決定。

il||li _| ̄|○ il||l

 

でも、慌てません。

『あはははは。こうなりゃ、もう1匹育てりゃいっか!(´▽`)』

と、すぐ思う訳です。

 

だって、もう1ヶ月も3時間置きの哺乳生活してたんですから

今更慌てた所でねぇ〜(о´∀`о)

あと1ヶ月、やればいいだけじゃんね〜(о´∀`о)

 

泣きは入ったけどね…(ー""ー)

 

とまぁ、そんな訳で

茜っ子の離乳食が始まり、哺乳時間も4時間おきから6時間おきになり

『はぁ〜、これでやっと6時間爆睡出来るぅ〜❤』

と思い始めてたった1日で、3時間睡眠に逆戻り。

il||li _| ̄|○ il||l

 

いいの。

頑張れば良いの。

睡眠不足で痩せるかも!とか思ってたけど

全然痩せなくて、逆に太り始めてたって

3時間睡眠で死ぬ事はないんだもの

頑張れば良いの、頑張れば。

だってしょうがないじゃない。

お見合いさせたの、アタシだし。

『子猫を産んで下さい!』って懇願したの、アタシだし。

お見合いさせる時に

『とにかく産んでくれればいいから!』

って言ったもんね。

『産んでくれさえすれば、後はアタシ、頑張るし!』

って間違いなく言ったもんね。

だから産んでくれたんだよね?

だから、アタシ頑張るし。

でも、おっぱいとかあげてみない?

あ、またシャーって言っちゃうのね。

はいはい、いいですいいです。

アタシが頑張りますから。

小梅ちゃんは同じ部屋にいてくれればいから。

まがいなりにも産後なんだから滋養に勤しんで。

 

と言う訳で、また子猫育ててます♪ヽ(´▽`)ノ

 

とまぁ、そんなこんなで

この記事のここまでを書くまでに3日くらいを要してるんですが(笑)

この3日の間にまた事件です。

 

育児放棄中だった小梅さん。

産箱に入って、おっぱいは出ないけど

お尻のお世話を始めてくれています♪♪♪ヽ(´▽`)ノ

 

御陰様で、お尻の心配を全くしなくていい状況になりまして

哺乳後はしっかり寝かしつけもしてくれるし

夜は底冷えしない様に添い寝してくれてるので

執事は哺乳に勤しむだけになりました!

 

おまけに、お尻のお世話をしてくれるようになったら

子猫がおっぱいに吸い付く様になりまして

でもおっぱいは出てないんですが

吸うって言う行動で、心が満足して、おまけに体力使うらしく

哺乳量が爆発的に増えました。

 

今まで日に5〜10gずつしか増えなかったのに

小梅がお世話を受け持ってくれるようになったら

8〜18g位のミルクを飲むようになりました。

 

おまけに、夜は小梅が添い寝してくれるので

哺乳時間も6時間空けないとしっかり起きて、しっかり飲んでくれなくなり

おかげさまで昨夜から、夜は執事も5時間まとめて寝られるようになりまして

睡眠不足からやっと脱出!!

 

執事は元から宵っ張りで、寝るのは1時すぎ、起床6時半生活。

よって、睡眠時間は元通り!!( -`ω-)b

 

日中の時間的な縛りはありますが

それでももう、4時間置きの哺乳になってるので

お買い物行ったりも普通に出来てます。

(´д`;)ヨカッタヨゥ…

 

まぁそんな訳で、相変わらずドタバタは続いています。

続いていますがぁ…、それも期間限定ですしね

子猫を100%哺乳で育てるなんて、早々出来ないですしね

これも良い経験させて貰ってるって思えば

『ブリーダーならしゃーねぇっしょ!』と思う訳です。

 

えぇ、あたくし前向き・マイペース・お気楽なB型です(笑)

 

茜っ子の方は、レッドマッカレルの男の子は無事に育てばおうち募集すると思います。

とにかく懐っこい性格の男の子で、とにかく可愛いヤツなのです。

でも、執事家に男の子はそう何頭も残しておけないので

『お姫様だっこでチューしてくれるパパとママを探そうね〜』

と今から言い聞かせております(笑)

 

シルバーの女の子は、我が家に残るか、おうち募集するか悩んでます。

茜が残してくれた(今はw)貴重なシルバーの女の子です。

おまけに、小さくて育たないかも…と思っていても、タイプはいい。

我が家では貴重な楓の孫にもなる子なので、残したいかなぁ…と…。

そんな訳なので、まだ分かりませんが、多分お残しじゃないかと…。

 

小梅っ子の方は、男の子なんですが

とてつもなく貴重な春ちゃんの孫に当たる血統なので

ブリード組としてお残しするか、ブリード組としておうちを探すか…。

とにかく育ってみなけりゃわからないけど

多分、ペットでのおうち募集はしないと思います。

 

とまぁ、いろいろ妄想してますが、まだまだ子育て真っ最中。

先の事なんて分かりません!

でも、3ヶ月後に『幸せになってね!』って送りだせるように

執事は今日も、デジタルスケールで0.1g単位でミルクを計量して

エッサホイサとミルク配達人を頑張るのです!

 

子猫にいいミルク、在庫あります(笑)

にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ

お帰りの際に全然痩せない執事に応援のぽちっとな♪

 

小梅さんが出産してくれた陰で、春ちゃんの血が繋がるチャンスが出来ました。

春ちゃんは、我が家のブリード初期の子。

玉さん・小次郎の後に、兄妹の金太と一緒に迎えた女の子。

今年で9歳になりますが、もちろん未だに女子部屋で健在ですよ〜♪

初めて迎えたブリード組の女の子だから『春日』と名付けたせいもあって

春日の局よろしく、乳母をしつつ女子を統率する度量のある子です。

一時期はオシッコテロを頻発するので『春ちゃんなんか大キライ!』と思いましたが

今じゃ可愛いお婆ちゃんの春ちゃんなのです。

でも、春ちゃんの血が繋がるなんて思ってもみませんでした。

『金太の血は繋がってるんだから、金太の兄妹だし、いいか…』と

何度も何度も自分に言い聞かせて、納得させてきました。

でも諦めきれずに、小梅とイオは現役を延々と続行させてきたんです。

でも今年で5歳になる時点で『さすがに今年中で引退だなぁ…』と思ってた矢先の事件。

でも、とても嬉しい事件でした。

今は小梅もお母さんをしてくれているし、二人三脚で育てればいいだけ!

頑張って育てて、いつか哺乳組を引き連れてショーに行くぞ!と言う夢があるので

執事はまだまだ頑張ります♪

ドタバタは続くよ、エンドレス?

  • 2017.07.06 Thursday
  • 21:09

ブログを放置する事、おおよそ2ヶ月。

実は本気でドタバタしておりました。

 

実は今もドタバタしてるんですが、だいぶ慣れたとでも言いましょうか…。

人間、ドタバタが1ヶ月以上続くと、慌てなくなるもんですね(笑)

 

さて、ドタバタの原因は?と言うと、5月20日まで遡ります。

 

3月にお見合いさせた茜の満日予定日が、5月17日でした。

17日の夜になっても生まれず、18日の朝になっても生まれない。

でも茜の母である楓は、お見合い初日から計算すると73日で出産した事があるツワモノです。

『お見合い最終日から計算するとまだ64日だしなぁ…』

と思っても、流石に兆候が無いのはおかしいよなぁ…と思いつつ

18日の夜になり、茜のお尻を見たらお印が…。

『おぉ〜、流石に来るね!』と手ぐすね引いて待ってるも、無事に19日の朝を迎えました。

 

19日の朝になっても、明らかに茜の様子は産気付いて無い。

でもお印は昨夜ありました。

『なんか変だぞ?』とは思うものの、結構騙されてる執事ですので

『今回も騙されんのか?』と思いつつ19日の夕方を迎えました。

 

夕方、ウエットを出して食欲を見ると、流石に食欲はそんなにありません。

でも、なんかおかしい。

何がおかしいのか分からないけど、なんか変。

何だ何だ???と思っていた19日深夜。

茜の様子が明らかにおかしくなりました。

 

隙間に入って行ったきり出て来ない。

何とか隙間から引っ張り出して、とにかく産箱に!!と入れたら

茜の呼吸がおかしいのです。

『なに!?何が起こった!?』

とにかく茜を触って熱が出ていないか調べてみたら

熱が出ているどころか、体温が低い。

明らかに体温が下がっているのが、手の平で分かる位冷たいのです。

 

『やばい!』と思ったけど、深夜の2時です。

病院なんてどこもやってません。

頼れる病院はしらみつぶしに電話しましたが、もちろんどこも出ません。

仕方なく、朝8時まで待って、掛り付けの獣医に電話して

8時半の開院と共に駆け込みました。

 

茜はそのまま帝王切開で出産。

次々に出て来る茜っ子。

レントゲンでは4頭の子猫がいたけど、その通り4頭の子猫が生まれました。

ブルー・レッド・シルバー・ブルーシルバーの子猫4頭。

麻酔が効いて起きてくれない子猫達を

『起きろ〜、起きろ〜、こっちこい〜』と声を掛けながらマッサージして

全員起きてくれた所で茜の様子を聞こうと思ったら、先生が一向に手術室から出て来ない。

 

帝王切開の縫合をしてるにしても、さすがに遅い。

『何だろう…。なんかイヤな予感がする…。』

そんな事を思ったのを未だに覚えています。

 

子猫達を貰った小さな箱に入れ、保温用のペットボトルで作った湯たんぽも入れ

『もう帰れるんだけどなぁ…、茜、どうしたのかなぁ…』と思った所に先生登場。

呼ばれて行った手術室には、まだ麻酔から覚めない茜と

その傍らにあったのは、茜の卵巣。

それも、尋常じゃない大きさになっている卵巣です。

 

『病理検査に出さなきゃ明確な事はいけないけど、明らかに癌だよ。』

そう言われてみたのは、私の両手に乗り切らない位の卵巣腫瘍でした。

 

茜は、卵巣癌でした。

卵巣がとんでもなく大きくなっていた為、自力で出産出来ない状況でした。

多分、お印があった直後に生まれるはずだったんだと思います。

何とか4頭の子猫は息をしてくれましたが

茜は麻酔から覚めて30分後に、我が子に授乳する事も

愛でる事も無く、天国に旅立ってしまいました。

 

その連絡を貰ったのは、子猫を連れて自宅に戻り

どたばたと大慌てで子猫達を保育室代わりのキャリーに入れ

保温の為に湯たんぽのお湯を沸かし始めた直後でした。

『10時30分の時は息をしてたけど、41分には息をしてなかった』

そう言われて、執事が自宅到着時の10時34分頃に息を引き取ったのかな…

そんな事を思いました。

 

茜に『後は任せたから』って言われた様な気がして

『任されたなら頑張るしか無いじゃん!』って思って

5月20日の12時から子猫達の哺乳を開始。

3時間置きにキャリーを開けてお世話をする日が始まりました。

 

翌日にはブルーの女の子が亡くなり、1週間後にはブルーシルバーの女の子が亡くなりました。

レッドの男の子とシルバーの女の子になってしまって

さすがに凹んだけど、落ち込む暇はありませんでした。

 

シルバーの女の子は下痢も始まって体重の増え方が悪く、そのクセ文句垂れでご注文が多い。

レッドの男の子はそんなに騒がないけど、ミルクはガッツリ飲むのに便秘気味。

とにかく『順調に育つ』なんて夢のまた夢…。

哺乳の度に飲んだ・飲まない、出た・出ない。

その上、睡眠不足で1時間ほど寝過ごしたら、レッド君が低血糖を起こして病院送り。

たった1時間が命取りの、ハラハラドキドキの毎日です。

低血糖を起こしたレッド君は、点滴(って言っても5ccのブドウ糖液)を2日続けて何とか復活。

 

下痢が続いて体重がイマイチ伸びないシルバーちゃんは

1・3月に生まれた子猫達におもちゃにされてしまい、左耳の後ろに大きなケガをしてしまいました。

でも実は『耳の後ろに腫瘍がある』と思ってたんです。

ケガだとは全く思っていなかったので、ぶっちゃけたことを言うと

哺乳の度に『こんな小さいのに腫瘍があるなんて…』と落胆してばっかりいました。

 

が、日に日に大きく腫れて来る腫瘍が、ある日、破けたんです。

噛まれた傷口から出て来るモノを見て

『アレ?腫瘍じゃなくて、膿???』と思ったら即刻病院にレッツゴー!

『これは噛まれて膿んじゃったんだね〜』と言う先生に

『アタシ、腫瘍だと思って落胆してたんだけど…( ̄▽ ̄;)』

って言ったら、笑われました。

そして、レッド君も同じ所を噛まれていて、膿が同日に出て来る出て来る…。

 

その直後、同じ部分を噛もうとする子猫を発見。

即刻茜っ子を育児室の中で隔離&1・3月生まれの子猫をリビングに放牧。

それからは、毎回の哺乳の度に膿を絞り出しては、その傷口の中に麺棒で軟膏を押しこむ毎日…。

1週間位で治りましたが、アレにはホント、ビビりました。

 

その後、低血糖をもう1度経験したレッド君と、相変わらず下痢が収まらないシルバーちゃん。

何とか迎えた生後1ヶ月の日からやっと始まった離乳食。

いつもは25日位から始めますが、流石に25日では始めようがありません。

だって、体重がどちらも300g台だったから…。

6月20日の1ヶ月まで待って、非常に(執事がw)ビビりながらの離乳食開始。

 

でもね、こちらは順調だったんです。

執事の予想を大きく裏切り、レッド君もシルバーちゃんも

『ミルクなんかで腹がいっぱいになるか!』と言わんばかりのガッツキっぷり…。

レッド君に限っては『いっぱい食べるからもっとちょうだい!』と

お皿が空っぽになるとオネダリにすっ飛んでくる始末…。

 

離乳開始3日目には、ロイカナBabyを2人で半缶平らげて

その後のミルクは1人30ccずつ飲み

大満足で手のひらの上に乗り、執事の指をオッパイ替わりにチュパチュパ❤

それが日に2回になり、3回になり…

 

今はウエットにカリカリを混ぜたご飯を日に2回。

カリカリは食べ放題。

ミルクは日に3回、毎回40cc一気飲みの毎日です。

体重も順調に増え、哺乳も9時・午後3時・夜9時の3回でご納得してくれて

育児室で(生意気に)斜めに走り回る様にもなりました。

 

はぁ〜、これでやっと執事は寝れる!!ヽ(´▽`)ノ

3時間睡眠ともこれでオサラバ!

買い物にも行けるし、庭の草むしりに没頭も出来るわ!!

『1・3・5月生まれの子猫で〜す♪』ってブログに載せよぉ〜っと♪

と思っておりました、6月29日、孫3号の誕生日当日。

 

 

事件がまた起きるのです。

 

 

とは言え、その事件はまた次の記事で…。

 

 

to be continued.......

 

 

事件は現場で起きてるんじゃない。執事んちで起きてるんだっ!!

にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ

お帰りの際に寝不足の執事に愛のぽちっとな…

 

茜の卵巣脳腫の原因は、執事の管理不足が招いた結果です。

避妊していない女の子なら、可能性は十分あるんですから

そこは執事がしっかりと管理しなければいけない事でした。

普段から、子宮蓄膿症には敏感なブリーダーさんは多いと思うけど

卵巣脳腫は、症状もそう出て来ない事が多いらしく

レントゲンでも卵巣脳腫を疑って調べなければ分かり辛い事が多いそうです。

でも、そこは命を扱うのを生業にしている訳ですから、完全に執事の失態です。

茜には本当に申し訳ない事をしてしまいました。

何度謝っても許して貰えそうにないけど、今の執事に出来る事は

託された子猫をしっかり育て上げる事しかありません。

茜は金太と楓の子です。

実質、楓の子でブリード組の子は茜・梓・光華しかいません。

その茜が、銀二の最後の子になった千代子の子のジャックとお見合い。

金太・楓・銀二・千代子の錚々たるメンバーの孫達です。

ここで踏ん張らなければ、この子達を育て上げなければ

昨年亡くなった金太にも申し訳が立ちません。

正直言うと、ブリーダーになってこれほどの背水の陣は無かったなぁ…

そんな事を思いながら、毎回哺乳していた1ヶ月間。

全然余裕などなく、1ヶ月先の事も考えられませんでしたが

離乳が始まった頃、やっと目標を立てました。

『この子達を連れて、11月のキャットショーに行くぞ!』

だから執事、まだまだ頑張らないといけません。

茜が本当に命を掛けて産んでくれた子達。

いつか我が家を卒業する日が来るかもしれませんが

それもまた、楽しみにしなくちゃいけませんね…。

ドタバタしております。

  • 2017.05.09 Tuesday
  • 12:54

GWも終わりましたねぇ…。

サービス業の方達は、これからGWでしょうか?

 

執事はですね、カレンダー通りのGWでございました。

が、祝日の3日間は断捨離に明け暮れておりました。

PC周りに乱雑に置かれていた私物を、整理整頓、要る要らない。

捨てる捨てない、有った!無くなった!しておりました。

FBのお友達は、その戦場の有様を写真でご覧になられたことでしょう…(笑)

 

まぁね、7年分の私物&書類&猫用品&生活用品ですから

ゴミもあればお宝もある訳です。

えぇ、JCBの商品券が合計3万円分出て来たので儲けた様な気分で頑張っておりました。

しかしながら、当選していた宝くじを換金し忘れていた物も多く見つかりました。

 

募金した事にしよう…と思ったのは言うまでも無い(爆)

 

でまぁ、PC周りも綺麗になりました。

リビングで1番威張ってるPC周りですからね、リビングもちょっとスッキリしました。

おまけに、冬場で避難していた植物たちも

『暖かくなったんだから外に行け!』

とばかりにお外に出しまして、出窓付近もスッキリ。

カーテンにくっついたお猫様達の抜け毛が目立つ目立つ…(^^;)

 

よって、カーテンも洗濯しなきゃいけない事態になりましたとさ♪

 

とまぁ、そんな事ばっかりしていたGW。

残り2日は遊ぶぞ!と思って、土曜日はいつも通り、釣竿を持って管釣りに行きました。

 

が、そこで事件。

執事、フライで1匹釣るまで帰らない!!と意気込んでいたんですがぁ…

 

自分を釣って、しゅぅ〜〜〜りょぉ〜〜〜。

首にフライがぶっ刺さって、整形外科に行って麻酔使って取って貰いました。( ̄▽ ̄;)

 

まぁね、今までも釣り針が刺さった事は多々あるんですが

自分で見れる所は自分で取っちゃうから、病院に行くなんて事は過去に1度もありません。

『あ〜、やばいな〜』と思っても、釣り針分の深さなら、自分で切開しちゃったりするし

『猫にガッツリ引っ掻かれるより傷は浅い』と言う

良いのか悪いのか分からない判断を平然としちゃう野性児なので、あまり慌てないんです。

 

が、首はね〜、流石に見えなかったんね〜( ̄▽ ̄)

見えない物は流石に取れない!と判断して、病院探して行って来ました。

 

もちろん、取って貰ったフライはお持ち帰りしましたよ。

次こそ、そのフライで釣ってやろうと思って…(笑)

 

で、GW最終日の日曜日は、朝から美容室に行って髪を切り

家に帰ってお昼を食べ、午後は庭で遊びながらのんびり養生するぞ〜

と思ったら、只今絶賛同居中の孫3号が、肘を脱臼して病院送り。(´・ω・`)

 

が、婆さまはそう慌てません。

何てったって、娘しか産んだ事が無いはずなのに、整形外科には散々お世話になってるから。

自宅の塀から落ちて転んで肘が抜けた…とかはしょっちゅうだったし

小学校の入学式終わって3日目に、整形外科でレントゲン撮られた娘の母だから。

月1でケガして早退してくる娘を育てて来た母だから。

それなりに逞しく育ってきたので、肘が抜けた位は朝飯前の婆さまなのです(^^)

 

でもまぁ、折れてりゃ事件ですので、病院は行かないとね…。

休日に病院に行くのも、子育てしてればそれなりに経験してないと

もっとデカイ怪我した時にパニックになるしね、そこは経験積まないと…

と思ったので、娘2号と孫3号を車に乗せて、整形外科に病院送りにして参りました。

 

ま、すぐハマりましたので大した事は無いし

まぁ、小さい子はね、肘や肩が抜けるってのは骨の形状からして良くある話。

あまりにも抜けやすいのは流石にダメだけど、暴れてて捻ったら、まぁ抜けます(笑)

痛がって大泣きするから親は慌てるけどさ、戻し方も至って簡単だから

そんな大騒ぎする程の事じゃ〜ございません。

 

つっても、慌てるのは当然だし、抜けたのか折れたのかで処置も全然違うから

そこの判断は病院に行ってちゃんとして貰わないとダメダメよん!

 

でもまぁ、そんな大騒ぎなGWも終わりまして

やっと通常営業に戻った執事一家でございます。

 

で!

 

実は今週末〜来週半ば位に出産があります。

 

もちろん猫です(笑)

 

父猫はジャック・・・ってお判りになりませんよね・・・(^^;)

2014年に産まれたチョコちゃん改め千代子の子であるトランプシリーズのジャックです。

銀二の最後の子でもあります。

シルバークラシックのカニ顔のジャックです。

女の子に迫られて、逃げ惑っていたジャックでしたが

2歳を半年くらい過ぎてやっと、お父さんになれました。

 

お嫁さんは、こちらもほとんどブログには登場してないアカネ。

金太と楓の娘で、ブラウンマッカレルトービーの派手なお嬢さんです。

ちなみに2013年生まれで初産…(@_@;)

 

執事の念願が、また1つ叶ったペアの出産が迫っております。

 

で、もうね、レントゲンも撮って来ました♪

骨盤の幅も問題ないし、大きさも粒ぞろいだったから大丈夫そう。

今回は4つの子猫が写ってましたので、後は産まれて来るのを待つだけ!

 

が、こればっかりはね、ホント何が起こるか分かりません。

今はとにかく、全員が息をして、元気に産まれて来て

元気に育つのを、必死に願うだけが執事の仕事でございます。

 

色なんぞ何でもいいです。

縞々も何でもいいです。

タイプなんてどうでも良いです。

とにかく全員が全員、揃って息をして、普通に成長してくれればいい。

少々ブチャイクでも、それは愛嬌で受け止めるので(笑)

とにかく元気に産まれて来てくれる事を願うのみです!

 

金太の子と銀二の子のお見合いは、執事念願のペアリング。

そこに楓と千代子の血も入りました。

どうなるかは執事にも分かりません。

未知数過ぎるペアリングなので、タイプも想像付きません。

が…、

 

ワルそうなカオした子猫が出て来るんじゃないか…

(ワルそうなカオ=ワイルドな顔って言う意味ね♪)

と言う、120%執事の好みを反映した妄想は既にしております(笑)

 

ま、産まれたって早々写真をUPしない、グウタラの極みブリーダーの執事なので

そこはね、お許しくださいね〜( ̄▽ ̄)

 

と言う訳で、大騒動のGWも終わりましたが

毎回大騒動のお猫様騒動も待ち受けている執事家から

近況報告でした♪

 

子猫のカラーは予想(妄想も含む)しております(笑)

にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ

お帰りの際にぽちっと応援よろしくお願いします。

 

シルバーのジャック(♂)とブラウントービーのアカネ(♀)の子猫のカラーは

隠し持ってる毛色も確定して居れば、100%判断出来ます。
まず男の子はシルバー・ブラウン・レッド・レッドシルバーの4パターン。
女の子はシルバー・ブラウン、それにトービーの4パターンなので
4頭兄妹で全員色が違う!って言う事もありえます。
で今回、ジャックは銀二の子なので、ダイリュートも持ってます。
ジャック自体はシルバーなので、ダイリュート因子はヘテロが確定。
銀二はソリッド因子を持ってますが、ヘテロなのでジャックに遺伝したかは謎。
千代子は銀二との間にソリッドを産んだ事が無いので、多分ソリッド因子はネガティブです。
アカネはスモークトーティーの楓の子なので、ソリッド因子のヘテロ確定。
楓はダイリュートも持っているのですが、楓自身がヘテロの状態なのと
金太はソリッドは持ってたけどダイリュートは持っていない子だったので
アカネにダイリュートが遺伝しているかは未確認。
もし、ジャックもアカネも、ダイリュートも持ちつつソリッド因子も持っていれば…
ブラック・レッドのソリッド(ブラックは♂♀両方、レッドは♂限定)も生まれるし
もちろんダイリュートカラーであるブルー・クリーム(クリームは♂限定)とか
トーティー・ブルートーティー・スモークトーティー(♀限定)とか
とにかく、ホワイトソリッドと手足の白い子以外のカラーは
全部産まれるかもしれない掛け合わせである事は確かです。
が、そんな事は神様しか知りませんので、執事には産まれて来るまで全く分かりません!(笑)

千代子っ子が生まれました♪

  • 2017.03.28 Tuesday
  • 13:59

今月12日の夜から、何となく怪しかった千代子さん。

大きなお腹で『アタシは妊婦ぅー!』ってアピールが目一杯でしたが

13日の日中に産気付き、夕方までに出産が終わりました。

 

 

今回『は』前回と違って縞々が全く見えない真っ黒い子猫達でした。

何色か分からないっ!!と言う執事の悲鳴に近い声を無視して

子猫達はスクスク、ムチムチ、コロンコロンに成長。

 

 

2週間経ってやぁ〜〜〜っと毛色が確定したので

やっとこお披露目出来る様になりました。

 

今回『も』千代子さんの子ニャンは全員シルバークラシックタビー。

千代子さん、2回の出産で産まれた子猫は全員シルバーで

『我が家のシルバーの呪縛はまだ続いてた…』

と言う結果でした(笑)

 

でも、真っ黒だけどターニッシュは全くない子猫達。

きっと、綺麗なシルバーカラーに育ってくれそうです。

 

で、2週間経つ前に幼名も命名。

2人の男の子…だったので、ヤン坊マー坊で決定!

知ってる人は昭和生まれ確定のお名前です(笑)

 

シルバークラシックタビーの男の子。

長男のヤン坊です。

大きさ的には弟のマー坊よりちょっと小さいけど

ヤン坊の方がボディーは長くなり、美少年系になりそうな予感。

 

シルバークラシックタビーの男の子。

次男のマー坊です。

大きさはマー坊の方が大きいけど、こちらはボディは短めかな?

タイプ的にはこちらの方が無骨い感じになりそうな予感です。

ただ、ヤン坊に比べて泣き虫(笑)

 

どちらも綺麗なシルバーになるかな〜と言う予感満載です♪

 

大きい・小さいって言ってますが、それはあくまでもこの兄弟の間での事。

どちらも我が家の平均的な月齢/体重の比率よりは重い子です。

どっちも大きさではソコソコありそうなので、将来はかなり楽しみな子です。

 

で、ヤン坊マー坊ですが、実は前々(もう1年以上前…汗)からお問合せを頂いているので

お家募集は当分先になると思います。

我が家に残る可能性もかなり低いのですが、お千代さんはまだまだ現役。

次にお千代さんがお母さんになったら、絶対に我が家に残すんだも―――ん!

とか言ってて、残せないんだろうなぁ…orz

 

とまぁ、いろいろ執事の思惑はありますが

とりあえず、お千代さんが無事お母さんになったよ〜!

のご報告まで♪

 

次回の出産はいつになるやら…。

お見合いはしてるんですけどね、どうも成功しなくてですね

執事待望のペアのお見合いも上手く行かなくてですね

執事家の子にゃん誕生は、今年ばかりはダラダラ、ぽつぽつと続く事を祈ってるのだぁーーー!!(笑)

 

ま、果報は寝て待てってね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

寝てるだけで良いなら寝てたいです!(爆)

 

 

ヤン坊マー坊天気予報!出来れば快晴でお願いしたいっ!(笑)

にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ

お帰りの際にぽちっと応援よろしくお願いします。

 

千代子さんの出産は、2回とも超安産!

千代子自体は小粒な方なんですが、超安産で産後の処理も全部自分でする子なので

執事の出る幕、全くもってなし!

おまけに子育ても上手なので、今回は哺乳もしてません。

なのに、過去の子猫よりも断然デカイ!

あ〜あ、執事が何かしない方が子猫は健康なんじゃねぇのぉ〜?

と、若干スネスネ状態な執事ですが

でもさ、本来あるべき姿なんだよなぁ…とも思う次第です。

今回の千代子っ子は、銀二と風ちゃんの孫になります。

分かり易く言うと、誉の子なので白いさんと異母兄弟。

お母さん違うとどんなタイプになるのかなぁ〜♪

と、執事は今からワクワクしておる訳です。

ま、そんな事は当分先に喜べばいいので、今はただ

『元気にスクスク育ちなさい!』な心で見守る執事です。

すずながお母さんになりました♪

  • 2017.02.16 Thursday
  • 10:39

1月最後の日にすずながお母さんになりました。

お父さんは白いさん。

執事待望の子猫誕生です!!ヽ(´▽`)ノ

 

何てったって、白いさんが持ってるカラー因子が全く分からなかったので

産まれて来る子猫のカラーなんて予測不可能。

『きっと白いんは1頭だぞ〜』という予測だけは立てましたが

他のカラーは冗談抜きで未知の世界。

 

久し振りにワクワク感満載の出産でした。

 

すずなは小さき女子です。

妊娠前の体重が4kgに満たないちっこい女子。

正直、妊娠もし辛かったです。

 

ヒートが来る度にお見合いを計画してたけど、過去のお見合いは全部スカ。

一向に大きくならないお腹に、お見合いから45日目で再度ヒートが来る事3回。

 

『ダメかぁ…。すずなも引退かなぁ…。はぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜』

と大きなため息をついていた執事は、とうとう暴挙に出ました。

 

『お見合いさぁ、もう執事の計画が及ばないのは分かったから、ご自由にどうぞ。』

 

えぇ、自然に任せてみました。

計画的に交配するのはこの際無視。

ヒートの状態を確認するのも無視。

お見合いの時期を見計らうのも無視。

交配回数の確認も無視。

お見合いの介助も無視!

 

他に男子がいる訳でもなし、家中使ってデートしてて!

と、ぜ〜〜〜んぶ無視して、ご両人にお任せ。

 

そしたら無事、すずなさんがお母さんになったと…。

白いさんも無事、お父さんになれたと…。

 

人間の思惑が介入しない方が良い事もあるんだねぇ…(^^;)

 

ただ問題は、出産予定日が皆目見当もつかない事。

お正月明けに、お腹が大きくないか?と言う疑惑で妊娠が発覚したので

足りない頭を捻りにひねり、すずなのヒートが再発した日を

予定が書き込まれてる手帳片手に、必死に思い出す執事。

 

『自分ちのショーが終わった後だったよなぁ…』

と言う所までは確実に思い出し、その後の猫の通院や執事の行動を必死に思い出して

叩き出した予定日が2月1日。

 

どうよ、当たってたじゃないの。

1日前倒し位なら、今までの出産でいくらでもあったもんね〜♪

4日前倒しだってあった位だから、執事、全然よゆぅ〜〜〜♪

 

・・・でもなかった。

 

すずなさん、小粒なんです。

頭数確認の時に、骨盤の幅は確認して貰いました。

自然出産が出来るかどうかの判断は、かなり慎重にしたけど

『あと2週間で生まれるとしても、この幅があれば大丈夫』

と言うお墨付きは貰いました。

 

でも、お父さんが白いさん。

白いさんが生まれた時の体重189gと言う超ドデカbabyだった経緯があるので

もしすずなさんが150g超えの子を宿しているとすれば

流石に自然出産は無理だよなぁ…と言う執事の心配はあったのです。

 

で、まぁ、予測どおりですよ。

1頭目の尻尾が見えるのに出て来ない。

尻尾見えてから30分経ってるのに、出て来る気配が無い。

尻尾と一緒に見えてる両足が、既に紫色。

 

はい、執事慌てる。

尻尾掴む。

いきむと同時に引っ張る。

戻らない様に足も引っ張る。

後ろ足が引っ掛かってる事に気付く。

尻尾離す。

後ろ足伸びる。

いきむけど出ない。

それでも出て来ない。

まだまだ引っ張る。

すずな怒る。

齧られても執事離さない。

次のいきみで半ば無理やり引っ張り出す。

子猫鳴かない。

執事マッハで蘇生する。

子猫息する。

すずなが返せと騒ぐ。

子猫返して、執事グッタリ…orz

 

まぁ、130gでしたもの、すずなには大きかった。

『第一子が110g位だったら良かったのにねぇ…』

と安堵する間もなく、2頭目出て来る。

これは安産。

体重測ったら106g。

この子が第一子だったら良かったのに…って本気で思いました。

 

この後1時間の休憩をはさんで3頭目。

10分も経たずに4頭目。

4頭目に関しては、1回いきんだだけで飛び出て来る位の安産でした。

 

今回、すずなの妊娠は4頭。

4頭全員、今日まで(結構四苦八苦してるけど)順調に育っています。

 

でもね、すずな母さん小粒っ子。

おっぱいが全然足りません。

執事が哺乳しないと、子猫の体重が増えません。

 

減りはしないから、全く出てないって訳じゃないんだけど

生後2週間過ぎたら絶対足りない!って産後3日目で思う位の授乳量です。

よって、執事の哺乳は欠かせません。

 

でも、ミルクの飲みっぷりはお見事です。

5mlのシリンジに目一杯の6mlを入れて差し出せば

毎回一気飲みで、オカワリをねだる位の飲みっぷりなので

みんなコロンコロンのムッチムチ。

ビッケを完全哺乳で育てた経験が、今ここで発揮されていると言う訳です。(笑)

 

昨日あたりから、個性も出て来ました。

顔付もだんだん違ってきたし、似た様な毛色だけど実は全員色が違う子猫達。

『誰をお残しするぅ〜♪』って悩んでいる執事を見つめる家族の視線が痛いけど(笑)

白いさんの初めての子、すずなが念願叶ってご懐妊した子だもんね〜。

残さない訳ないでしょ。( -`ω-)

 

子猫達、生後2週間を過ぎました。

全員揃って、この世で謳歌していいって許可も出たらしいので

お家募集の事も考えなきゃいけないんですが

当座、お家募集をする予定はありません。

 

と言うのも、既にご予約が入っていてですね

もう1年越しだったりもしたりして、下手したら2年近く待って貰ってたりもしてて

そちらの方が最優先になるのはお約束でして…(^^;)

そんな訳なので、ご予約を頂いていない方にお譲り出来るのは

当分先になるかと…。

 

まぁ、そちらもご予約が入ってたりもしてたりして

何頭生まれるかも分からないのに、予約なんぞはお受け出来ない訳でして…

 

もう、執事お手上げ!ヽ(°Д° )/オテアゲ!!

 

な訳です。

 

でもまぁ、毎日可愛い子達を眺めていられるのは、ブリーダーの唯一の至福の時。

もちろん大きな子達も可愛いけど、期間限定サイズに身悶えちゃう毎日です。

 

あ、写真ね、写真(笑)

 

はい、どぉーーーーーーん!!

 

すずなのカラーはBLUE TORTIE / WHITEって言うカラーです。

 

いよかん:♂:CREAM SILVER CLASSIC TABBY / WHITE

 

ぶんたん:♂:WHITE SOLID

 

みかん:♀:CREAM TICKED TABBY / WHITE

 

れもん:♀:RED SILVER CLASSIC TABBY / WHITE

 

写真が大きく掲載出来るって素敵だわ〜。

老眼にとっても優しいものっ!!(笑)

 

菘っ子達がスクスク育つように応援よろしくです!

にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ

お帰りの際にぽちっと応援よろしくお願いします。

 

白いさんは今は亡き あられの子。

白いさんは6頭兄妹で生まれ、1頭死産。

5頭ですくすく育ってきたのに、今では白いさんしかいません。

兄妹全員、オマケにあられまで、みんな神様の許に帰ってしまいました。

そんな事があったから、白いさんの子を見る事は、昨年1年間の執事の最大目標でした。

でもね、上手く行かなかったのです。

ダメだった時の執事のガッカリ感はハンパなく、空を見上げる事、数十回。

その度に、白いさんがやって来て『母ちゃんごめんよぉ…』って顔をするのです。

『お前が悪い訳じゃない。誰も悪くないけど、唯一悪いのは母ちゃんだ。』

って、ホント冗談抜きで白いさんを励ましておりました。

だからこそ、『自由恋愛』を取り入れてみた次第です(笑)

本来だったら余りよろしくないんです。

でもね、何と言うか、『人間の経験則なんて介入しない方がいんじゃないか?』

って、心底思ったので、賭けに出てみた次第です。

おまけに諦めかけていたすずなの妊娠、それが白いさんの子。

新年1月から景気の良い出だしとなったのは言うまでも無い〜!

新年度初の卒業。

  • 2017.01.11 Wednesday
  • 17:45

あけましておめでとうございます。

もう2017年になってもう11日が経ってしまいましたが

本年もどうぞよろしくお願い致します(^^;)

 

さてさて、新年を迎える前に大騒動が2つも起きて

『正月の餅はサ●ウの切りもち、実家からgetだぜ!』だったお正月も終わり

大晦日の大掃除で若干ギックーになってた腰も

七草の日を前にゴットハンドの整体で治して貰い

娘2号の成人式と言う名の『独身気分で一人行脚したいだけの日』も無事終わり

わかちこの始業式前恒例の『眠さを吹き飛ばせ!宿題やれ〜!』戦争も無事乗り越え

やっとこさ、執事の正月らしい堕落した日が帰って参りました(笑)

 

いろんな意味で『母』な執事の休息は

皆が所定の日程をこなす様になって初めて来るのである。

 

まぁ、どこの『母』も同じよねぇ〜。

特に猫の『母』は、御節もなければ雑煮もないからね♪(^^)

 

とは言え、大晦日は年越し蕎麦ならぬ『年越しアニモンダ』も出したし

年明け2日には御節ならぬ『キャット4御節』も出したし

それなりにお猫様の皆さまは、新年をお迎えになられております。

 

そんな事がキッカケだったのかは謎ですが…

昨年4月以降、誰にも春が来なかった2階の女子部屋の御一行様が

大晦日の深夜から一気に春めいていらっしゃいます。

 

もちろん、リビングに居た吉野と楓には春が来ましたが

寒さに当たって新芽が凍てつくような事件が起き、めでたく開花とはなりませんでした。

が、大晦日の夜から春をお迎えにならしゃったお局の皆皆様方は

宴を夜通し繰り返し、それはそれは賑やかな新年を迎えたのでございます。

 

よって、執事が苦肉の策としてひねり出した手法により

今日現在までに既に3人の官女が御輿入れしました。

 

が、結果や如何に!!

の状況なので、豆撒き位までお待ちくださいね〜。

 

とは言え、問題の女子が1人。

御輿入れした記憶が無いのに、妊娠中の兆候が垣間見れまして…

ピンキングなんてしてまして…

何となく、お腹が大きい様な気もしまして…

『はっれぇ〜〜〜???????(@_@;)』

な官女もいたりしております。

 

まぁ、御輿入れした殿方は1人しかいないし

執事が願っていた殿方に御輿入れした訳だし

これで本当にご懐妊となれば

新年早々、宝くじに当たった様なもんなので

こりゃ〜めでたい!と言う結果なのですが

出産予定日が予測不可能って

結構な難易度の高いお産婆さんがモレナク付いて来る訳で

執事、記憶力が曖昧になりつつある脳味噌をフル回転させて

予定日を憶測しておる次第です。

 

でもまぁ、出産間近になれば必然的に分かるから良いけど

そもそも、本当に妊婦なのか〜???と言う疑惑が付きまとう官女なので

果報は寝て待つに限りますね、えぇ。

 

と言いながら、今週末には吉野が卒業となります。

 

我が家に居残り予定だった吉野ですが

子宮蓄膿症の手術後、成猫の見学をお受けしたら

アレヨ、アレヨ・・・とお家が決まってしまいました。

 

まぁねぇ〜

魅力的な女子なのは確かだから、お家募集したら即刻決まるんだろうなぁ…

と思ってたので、予測通りっちゃ〜予測通りだったんですが

あまりの早さに、執刀医の先生もちょっと驚いた位でございました。

 

でもまぁ、幸せの片道切符には変わりないから

1歳前に5圓鯆兇┐織妊めな吉野さんをきっちり送りだす為に

執事は執事の本分をちゃんとこなそうと思います。

 

で、今月末にはうずらも卒業です。

 

『うずらって誰よ。』

って言われそうですが、こちらも楓の子でございまして

金太×楓の最初の子、2013年生まれのレッドシルバーの男子でございます。

 

子猫の時にはまぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーったく

問合せの1件も無かったヨウコウ君改めうずらでしたが

こちらも年末の見学でサクッと射止められてお迎えいただく事になりました。

 

こんな風に縁があるとは…

今日まで数年、待った甲斐があったってもんです。

がしかし、左目の調子が思わしくなく、明日、プチ整形の手術をする事になりました。

 

娘に言ったら『え〜、パッチリ二重になるんでしょ?アタシもしたい』

って言ってましたが、それは自分で働いたお金で高●院長に頼んでやって貰って下さい(笑)

 

さ、そんな訳で、今月中に2人も卒業しちゃう執事家ですが

まだまだ卒業させたい子はゴマンとおります。

今は女子が多めですが、コッソリ男子もいたりしますので

HPなんか観て貰っちゃうと、ちょっとトキメいちゃうかも知れません。

 

女子もまだまだ避妊手術をする子がいるので、いますぐ!って訳じゃありませんが

5歳未満の出産経験のない女子がほとんどなので

もしビビビ!っと来ちゃったりしましたら、是非お問い合わせください。

よろしくお願い致します。

 

さて、明日の手術に備えて、うずらのお機嫌取りでもしましょうかね!

 

ちゅ〜るにアニモンダ、キャット4はいらんかえぇ〜〜〜(笑)

にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ

お帰りの際にぽちっと応援よろしくお願い致します。

引退。

  • 2016.12.30 Friday
  • 11:48

あ?

私は引退しませんよ?

いやはや、お猫様のお話です。

 

つい先日、吉野が子宮蓄膿症で引退したお話をしましたが

またもや、子宮蓄膿症で現役女子が引退してしまったお話です。

 

吉野の母である楓が、子宮蓄膿症で予定外の引退をしました。

 

 

吉野が引退する可能性が無い訳じゃない…

心のどこかでそんな事を思っていた執事は、

楓の子をどうしても残したいと思い

もう1度、お嫁に行って貰う事を決意し

お嫁に行って貰って40日が過ぎましたが一向に妊娠の兆候は無く…

途中、ピンキングは確認していたものの、お腹は大きくならず…

『もしかして、また1頭?』と言う淡い期待をしていた24日クリスマスイブの午後。

リビングに血痕発見。

 

『誰が喧嘩した!?』と思った矢先

『これは鮮血じゃない!血膿だ!』と判断。

即座に現役の楓を捕獲し確認。

子宮蓄膿症を確信。

即刻病院にすっ飛んで行き、即入院、治療開始。

2日後に手術をして、29日に退院。

 

そうです。

昨日退院して来ました。

 

我が子と2週間と変わらず緊急手術だなんてね…。

 

 

命は助かりました。

結構危ない状態だったらしいけど、危機一髪!だったらしいけど

本人は至って元気になって帰ってきました。

 

でもね、12月に入ってから子宮蓄膿症で緊急入院&緊急手術が2つです。

執事の懐はスッカラカンです…。

餅も買えねーよ!

 

コストコでイクラは買ったけど…( -`ω-)b

 

スモークサーモンも買っちゃったけど…ヽ(´▽`)ノ

 

ま、いまさら猫(治療費)貧乏に驚く事はあるまい!(笑)

 

とは言え、楓の最初の子であるうずらも、先月引退させました。

残っているのは女子3頭。

その内、アカネも引退させる予定です。

本当の意味で残っているのはアズサ1人だけ。

この方、年が明けたら4歳です。

金太の最後の子でもある女子’zなので、貴重な血統である事は事実。

先にチロルとガルボを授けてくれたけど、執事が願うのは女の子です。

梓が嫁に行ってくれないと、楓椛姉妹の血統は終わる…。

 

執事家、かなりピンチです。

 

現在、アズサの姉妹であるアカネもコウカもまだ現役です。

引退を先延ばしにして、誰でも良いから嫁に行って欲しい!!

 

と思ったってね、今年はだぁ〜〜〜〜〜〜〜〜れもヒートが来ないの!!

御陰様で、静かな年末、静かな春を迎えられそうです…(-公-、)シクシク

 

渚も引退させようと思ってたけど、それもまた延期になりそうな気配ですしね、

執事家は、取らぬ狸の皮算用でも成さねばならぬ!な状況になりました。

 

アレだけいたブリード組も、気付けば1ケタ台です。

一時期は20を超えていたと言うのに…

全員が出産したら年間100頭の子猫を見る事も可能だったのに…

 

アレよアレよと『猫がいません』状態です。

 

おまけにね、アレだけシルバーが生まれていたのに

今じゃ〜シルバーが生まれる可能性は1%も無い。

 

ん〜、おかしいねぇ…

どこで間違えた?(笑)

 

とまぁ、当分子猫が生まれる予定の無い執事家。

それでも2016年生まれ達は、1頭、また1頭…と卒業して行きます。

 

子宮蓄膿症で手術した吉野も、とても嬉しい縁があって、

年が明けたら卒業して行く事になりました。

そして、先月引退させたウズラも…。

リビングの2016年生まれは、お家募集中のガルボと居残り組のビッケだけになる予定です。

 

まぁ、他にもお家募集してる子はいるんですが

HPに載せてないって言うね…( ̄▽ ̄)

 

気になったらお問い合わせくださいね(笑)

 

楓の引退で、執事家の第一ブリード組が全員引退となりました。

金太・銀二、春日・小夏・楓・椛。

この6頭が第一ブリード組。

 

今後はこの6頭の血統をどうやって残していくか。

どの掛け合わせでスタンダードを守りつつ我が家の顔を作って行くか。

どのペアリングが最適なのか。

一体いつになったらブラックソリッドは出るのか…(爆)

問題は山積みですが、第二ブリード組もいる現在。

確実に言えるのは『嫁不足』

 

もうね、婿が不足した後は、嫁が不足ですよ。

いやんなっちゃうんねぇ〜〜〜。

とは言え、そりゃブリードしてれば当然の話なので、

また嫁っこさ探しに奔走するさ!

 

さてさて、そんな執事を横目に、年末はどんどん迫って来て

気付けば今日は30日。

晦日でございます。

で、明日は大晦日ね。

 

2016年、平成28年、猿年も終わろうとしております。

 

今年もまた、テンヤワンヤの1年でしたが

多くの人と出会えて、多くの人と楽しい時間を共有出来ました。

今年1年、ナンダカンダで執事と関わり合って下さった皆様、

本当にありがとうございました。

多くを学び、多くを忘れているであろう執事ですが

皆さんのおかげで楽しい1年を過ごせた事には変わりありません。

トラブルが無かった訳じゃありませんし、嫌な事が無かった訳でもありませんが

今、思い出せるのは楽しかった事ばかり。

これも単に執事が嫌な事はそそくさと忘れてしまう単細胞故の所業でございます(笑)

その単細胞であるが故に、多くの皆さまにご迷惑をお掛けしたのも事実ではございますが

そこはちゃんと覚えておりますし、感謝もしておりますので

来年も『しょ〜がねぇなぁ〜!!』とご立腹しながらも

よろしくお願いしたいの心でございます。m(_ _)m

 

ご挨拶が長くなりましたが、それでは皆様、良いお年を…。

 

追伸

今年の執事は寝正月です。

暇だな〜と思ったら、いつでも電話・LINEを下さいませ。

もちろん譲渡希望のお問い合わせもお待ちしております。

起きてればお返事致します(笑)

 

かしこ

 

年明け3日間は、どこにも行かないんだもんね!

にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ

お帰りの際にぽちっと応援よろしくお願いします!

 

執事家がお世話になっている赤ひげ先生の動物病院。

その先生の息子さんが開院している病院で吉野も楓も治療をして貰いました。

赤ひげ先生はすでに75歳を超えています。

ご自分で『後期高齢者だからね〜』って言う位なので、病院はお休みが多い。

そんな時は、迷わず息子さんの方の病院に行くのが最近は定番です。

でもね、息子さんの方も赤ひげ先生予備軍なのです。

なので、執事家の第二の主治医でもあります。

猫の疾病にも詳しいし、メインクーンの特性も良く知ってくれている。

エコー検査も凄く分かり易く説明してくれるし、ブリードの基本も忘れずに言ってくれる。

本当に有り難い親子先生です。

『通院するにはちょっと遠いけど、先生引退したらあっち行くから大丈夫♪』

と、今から断言している執事。

信頼出来る病院があるって、心強いですね…。