いろいろとありまして・・・

  • 2016.12.16 Friday
  • 09:19

気付けば2ヶ月もブログを放置しておりました、執事です。

相変わらずの放置癖は抜けておりませんでして忝い…(。・ω・。)てへぺろ♥

 

さてさて、放置していた2ヶ月の間にいろんな事がありました。

 

まず、10月末に新人さんがやって参りました。

ブラウントービーの美少女、すみれさん。

 

 

ビッケと1ヶ月違い位の少女です。

千葉県からさらって来ました(笑)

 

ちびっ子さんなんですけどね、その美少女っぷりに一目惚れしまして

1回お母さんになってくれればいいの!って思いまして

晴れて我が家にお迎えしました。

 

可愛い顔して気は強い少女でして、同じお里出身の5倍以上ある銀二ですら

『何、この、ちっこくて、おっかない、少女は…(-_-;)』

って顔して困っておりました(笑)

んでも、未来の婿であるビッケとは仲が良いから良いのです。

 

てな訳で、新人さんのすみれちゃんをどうぞよろしくね♪

 

で、その後、11月には所属クラブであるSCCのキャットショー。

執事家からはすみれ・ビッケ・吉野の3頭を出陳しました。

すみれは何と!ショー当日が『4ヶ月と1日』

まさに当日からショーに出れると言う月齢だったので

『ま、この雰囲気を覚えて頂ければいいのよ!』と思っての出陳。

ファイナルなんて望んじゃいなかったんですけどね、

何とまぁ〜1リングでファイナルに残っちゃったのです♪

 

 

もうね、1本貰えたら大漁旗!な4ヶ月と1日のちびっ子ですから

執事は『はぁ〜!!今日はなんて良い日なんだ!』って大喜び。

 

 

おまけにビッケも1リンクでファイナルに残っちゃったから

もうね、乳母は『はぁ〜!!授乳頑張って良かった!!』と感慨も一入ですよ。

 

何てったって、待望の渚の子ですしね

我が家に残せるBROWN CLASSIC TABBYは初めてでしたしね

それが男の子だわ〜渚に何となく似てるわ〜哺乳して育てたわ〜…とね

いろんな思いや苦労がタンマリ詰まった子だけに

『ファイナルに残れるってこんなに嬉しかったっけ?』

って位、乳母は安堵したのです。

 

その上、その上ですよ!!

 

当日お連れした吉野さん。

タイプとしては少々足りない物があられるお嬢様ですので

『ファイナルはな〜、今日は特に厳しいよなぁ〜』

と、執事あきらめムード。

 

だってですよ、奥様。

当日のショーエントリー数、36匹中、8匹がメインクーンなんですよ!

そりゃ〜もう、あなた、激戦区だったんです!!

 

でもね、それは百も承知なんです。

だってあなた、SCCですもの。

ショーナンキャットクラブですもの。

メインクーンブリーダーしかいないクラブですもの。

メインクーンが『これでもかっ!!』って位、出て来るのが定番なんです。

 

オマケに今回は、アメリカからメインクーンの創設者と言っても過言ではない

バーバラ・レイ(WILLOWPLACE)をジャッジで呼んじゃったもんだから

『うちの子も見てみて!!』とばかりに、どのブリーダーも秘蔵っ子を炸裂させてまして(笑)

もうね、近年まれにみる『メインクーン祭り』だったのです。

その中に、乳母から見ても『おしいっ!ひじょぉーーーにおしいっ!!』

と思わずにいられない吉野さんを『それでも!』と思って連れて行ったんです。

 

もちろん『ココは確かに残念だけど、ソコ以外は完璧な子でしょ!?』

って思ってたからこそ連れて行ったんだけどね(笑)

 

でもさ、やっぱな〜、こりゃ〜厳しいわ・・・

そう思いながらの一般審査です。

が、なんと、ファイナルに残っちゃったんだな〜♪♪♪

 

 

それも、バーバラ・レイのリンクで2回も♪♪♪

なもんだから〜♪吉野さんは〜♪めでたく〜♪

CHの称号が貰えちゃったんだな〜♪♪♪

 

 

なもんだから、もうね、SCCのショーはこの上なく楽しいショーとなって幕を閉じたのです。

 

が、問題はココからですよ。

 

ショー当日に、既にヒートが来ていた吉野さん。

帰って来てお見合いさせて、ピンキングもうっすら確認していた矢先、事件です。

 

子宮蓄膿症発症。

 

もうね、執事がどんだけ願っていたペアリングだったかは

我が家族は十分に知っていたと思います。

だって、婿さんは白いさんだったんです。

待ちに待ったあられの孫が見れるかも知れない!と思った矢先だったので

執事のみならず、執事2号もガッカリ…。

 

それでもね、開放型の子宮蓄膿症だったので、0.1%の可能性に賭けてみました。

即日治療開始。

 

日々増える抗生物質の投与もスンナリ受け入れてくれた吉野さん。

口を開ける練習を散々していた事が功を奏して、錠剤の投与は2年生のわかちこでも出来る位の子です。

もちろん投与後におやつをあげてご機嫌取りも忘れない。

だから、日に3回の投与も何の問題も無くこなしていました。

 

が、1週間目の夜。

再度大量の膿と出血で、流石に執事も諦めました。

『命優先』

その言葉をブツブツ言いながら、夜の9時に救急外来に駆け込み

翌日の手術の予約を取り、救急の手当てをして貰ってその夜は一緒に帰宅。

翌朝9時、手術の準備をして3泊4日の入院。

で、その日の内に無事、手術完了で、既に食欲全開だったらしい吉野さん。

 

繁殖は、何よりも命あっての話です。

賭けに出られたのも、発症したその時に、いろんな条件が揃ってたから…ってだけ。

再度症状が出たら、その時はスッパリ諦める!

そう誓えたからこそ、賭けに出られただけの話です。

 

もちろん賭けに出られる様に、ブリーダーとして以外のいろんな予定はすっ飛ばしましたけどね…。

 

でも、ダメだった。

だから即刻手術。

『開放型だったので、摘出手術してしまえば何の問題もありませんでした』

と言う獣医の言葉を聞いて、ホッとしたのは言うまでもありません。

 

あたしもずっと緊張してたんだな〜と思ったのは、

術後に電話を貰い『麻酔からも目覚め、既に食欲もあります』って聞いた途端

パンパンに張っていた肩が一気にほぐれ、

四六時中襲われてた頭痛までもが解消したのには、自分でも驚きました。

 

やっぱね、命と引き換えの賭けはしちゃダメだよね…。

そう強く反省しました。

 

でもまぁ、先生の適切な処置のおかげで、吉野さんは退院直後から家中を走り回り

入院のストレスを発散するかの様に、みんなに取っ組み合いを仕掛けまわり

全員から『お前には敵わぬ!!』とギブアップされておりましたので

既に元気あり過ぎて傍迷惑な女子となっております(^^;)

 

 

でね、こうなりゃね、吉野さんもお家を探す事にしたんです。

もちろん、もう少し術後の経過も見なきゃいけないから

『いますぐ!』って訳じゃないんですけどね

こんだけ性格の良いお嬢さんですもの、我が家に置いておくのは忍びないのです。

もちろん手放したくないんだけど、誰にも渡したくないんだけど(笑)

でもね、うちは大家族だからね…。

 

この先、子猫が生まれる度に執事の手はそっちに掛りっきり。

撫でられるのが大好きな吉野さんなのに、そう構ってもいられなくなる訳で…。

だったらね、吉野〜❤って言いながら目一杯撫で撫でして貰える人を探してやるのも、

乳母の責任じゃないかと…。

抱っこしてギュ〜って抱きしめて、スリスリしてくれる飼い主を探してやるのが

乳母の最後の仕事じゃないのかと…。

そう思ったので、思い切ってHPにも募集の掲載をしました!

 

でも、既に消したいんだけどね…(笑)

 

もちろんすぐにはお渡し出来ません。

早くて1月中旬かなぁ…。

ちょうど1歳の誕生日頃かなぁ?と思っております。

ので、もし執事が手塩に掛けて育てた吉野さんの猫生のバトンを受け取るわ!って方がいましたら

是非、お問い合わせください。

 

で、今に至る、執事家でございます。

 

今月はね、もうショーに行きません。

クリスマスまでショーがあるんですが、執事はいろいろまだまだありまして…。

 

今日はこれから動物取扱業の講習だしね

12月だから執事2号の仕事も忙しいしね

年末の大掃除もいろいろやらなきゃいけないしね

わかちこは冬休みに入るしね

そうなりゃクリスマスが誕生日の年末総決算イベントがあるしね

それが終わったらチロルが卒業式だしね

その後はベリーさんの毛刈りの儀式もあるしね

年明け早々に避妊手術の予約もしてあるしね

現役男子達は毛玉お化けになってて風呂にも入れなきゃだしね…で、

もう、やる事が目白押しで目押しに忙しい年末確定なのです。

 

貧乏暇なしよね〜。゚(゚´Д`゚)゚。

 

でもまぁ、やる事あるだけいいのかな?

って思って乗り切って見せるわっ!!(笑)

 

と言う訳で、年内に成猫の見学に行きたい!!って方がおられるかも知れませんが

お正月3日までは執事は寝正月を決め込もうと思っていますので

出来れば5日以降で検討して頂けるとちょっと有り難いのであります。

 

ん?4日は無いのかって!?

そりゃあなた、掃除する日に決まってるがね。(笑)

 

てな訳で、その他にもいろいろあったんですが

その辺の事は追々記事にして参ります。

まぁ、覚えてたらなんだけど…(-_-)

 

あ、そうそう。

ビッケさんは今年、キャットショーに真面目に行くかもしれません。

まぁ、執事が行ければだけど…。

 

おまけ。

もしかしたら新年早々、出産があるかも知れません。

と言うのも、もしかしたら妊婦がいるかも知れません。

まぁお見合いは確実にさせたんですが、こればっかりはね〜約束出来ないのよね〜(笑)

と言う訳で、次回の更新の時には、子猫がいたりするかも…?

 

ま、予定は未定って事で!ヽ(´▽`)ノ

 

妊婦を何度触っても妊婦の確証が無い現時点です…

にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ

お帰りの際にぽちっと応援よろしくお願いします。

コメント
コメントする